HOME>アーカイブ>売り方として代表的な二つの方法を知っておこう

売り方について知っておこう

スーツの女性

一棟マンションを売ろうとしたときに知っておくと良いのが、売り方の選択肢が一つではないということです。一棟マンションの売却方法として典型的なものが二つあり、仲介、買取と呼ばれています。どちらも不動産会社に相談して進めていく点は共通していますが、買い手が誰になるかが異なっているということには留意しておきましょう。仲介の場合には不動産会社に探してもらった個人や企業などに売却することになるのに対し、買取では相談を持ちかけた不動産会社に対して売ることになります。この違いによってどのような差が生まれるのかをよく理解しておくことが売り方を選ぶ際には重要です。

仲介の特徴とは

仲介によって一棟マンションを売却する方法は不動産会社に買い手を探してもらうことになるので、買い手が見つかるまでは時間がかかることもあります。しかし、不動産会社による中間マージンを取られないことに加え、買い手との直接交渉によって高く売れる可能性があるのが魅力です。仲介をしてもらった成功報酬として仲介手数料を支払うことになるものの、一般的には買取を依頼するのに比べると利益が大きくなるのが仲介による売却です。

買取の特徴とは

買取によって一棟マンションを売却する方法は相談を持ちかけた不動産会社が買い手になるのですぐに売れる仕組みになっているのが特徴です。買い手が見つかりにくいような一棟マンションであっても早ければ数日後には現金化することができます。仲介手数料はかからないものの、不動産会社が在庫リスクを抱えるので取引価格は仲介よりも低くなりがちです。しかし、複数社の比較をして高く買い取ってくれるところを探せるのでかなり高く売れることも稀ではありません。

広告募集中